ハイブリッドカーと補助金

ハイブリッドカーと補助金

エコカー補助金。
エコな自動車のTVコマーシャルの最後に、必ずアピールがあったこの名称はすっかりおなじみになりました。環境性能の優れた新車購入の促進し、環境対策に貢献するとともに、国内市場の活性化を図ることを目的として導入されました。平成25年2月末までの受付を予定していたのですが、残り5ヶ月を待たずして、3000億円の予算額に到達。2012年の9月をもって申請の受付を終了しています。それだけエコカーが売れたということですね。日本でエコカーというと、ハイブリット車が真っ先に思い浮かびます。市販車では、トヨタ車のプリウスが先陣を切り、その大ヒットにより、ハイブリット車=プリウス=トヨタ社という構図は見事に完成しました。トヨタ社のハイブリット車は補助金の還元を当てにしなくても、納車待ちの車種があります。また、セダンタイプだけではなく、フラッグシップといわれる高級車やSUVといった車種にもハイブリット車が設定されています。まさにトヨタ社はハイブリット王国です。これにハイブリットでホンダが続き、反対に日産自動車、三菱自動車は電気自動車に舵を切りました。その他アイドリングストップや、クリーンディーゼル等の今までの技術を洗練させたマツダなどにも注目です。また、最近では、日本技術の粋を集めたハイブリットシステムは開発費に数千億という費用がかかるため、開発費を負担できないメーカーが、ハイブリット技術を持つ有力メーカーと提携するという流れが広がっています。
一方欧州では、高速性能を重視したため、燃料も安価なクリーンな高性能ディーゼルエンジン車の開発が進み、おなじみのドイツの高級車にもライナップされています。最近では国内でも高性能で振動も少ないクリーンディーゼルエンジン車が登場し、日本カーオブザイヤーなども受賞し、注目を集めております。また、ブラジルやアメリカでは自国で獲れるサトウキビや穀物を原料としたバイオエタノールを燃料とした自動車が1000万台以上存在しています。環境性能を備えた自動車はハイブリットカーだけではなく、世界各国の状況に合わせて、それぞれの国で発展してきた背景があります。大盛況のうちに終わったエコカー補助金ではありますが、需要を前倒しにしただけという意見もあり、また中国との一件により、生産が落ち込み、自動車業界には厳しい冬になりそうです。

ハイブリッドカーは本当にお得?

ハイブリッドカーは本当にお得?
ハイブリッドカーは本当にお得なのでしょうか?ハイブリッドカーのオーナーに、お尋ねしました。[続きを見る]

ハイブリッドカーの選び方

ハイブリッドカーの選び方
ハイブリッドカーは以前と比べると車種も増え、選択肢が広がっています。ユーザーとしては好きな車種が選べるのはメリットである半面、「どうやって選べばいいのか分からない」という声も聞かれます。[続きを見る]

ハイブリッドカーの安全性

ハイブリッドカーの安全性
ハイブリッドカーは一般の車に比べると機構が複雑なので、安全性や信頼性が劣るという声を聞きます。ただ、自動車の安全性を語る上では必ずしもそのような一方的な見方が正しいとは言えません。[続きを見る]

ハイブリッドカーの維持費

ハイブリッドカーの維持費
ハイブリッドカーオーナになった場合、その維持費はどのぐらいかかるのでしょうか?ここではハイブリッドカーと一般の車を比べて考えてみます。[続きを見る]

ハイブリッドカーと車両保険

ハイブリッドカーは、環境負荷が低いということで、需要が上がっています。そこで多くの自動車保険会社は、増え続けているハイブリッドカーユーザーを取り込むため、割引制度を実施しています。[続きを見る]

ハイブリッドカーの整備

エンジンとモーターの両方を備えたハイブリッドカーの整備は、これまでの車とは異なるものになっています。その動力が、新しい技術であるように、整備の技術にも新しい技術が必要とされているのです。[続きを見る]

ハイブリッドカーの車検は?

ハイブリッドカーの車検は、一般の自動車と比べてどのように異なるでしょうか?公道を走る車であれば、避けて通ることのない車検。ハイブリッドカーのオーナが車検にどのように備えるべきでしょうか?[続きを見る]

車買取・中古車買取・中古車一括査定なら車選び.com
×閉じる