ハイブリッドカーの整備

今、街中を走る車の中には、相当数のハイブリッドカーが含まれています。
代名詞とも言える「トヨタ」の「プリウス」の発売以来、各社から未来のエコカーとして、次々と発売され、記録的な数字で販売台数を伸ばし、いまやユーザーの選択肢には当然のようにハイブリッドかガソリン車か、と考えられるようになりました。
登場した時には、夢の車のように思えましたが、現在では低燃費・低排出ガスは当たり前の時代。市場に出回る数が増え、発売されてからの期間が長くなれば当然整備する必要が生じ、そして交通事故も起こるのです。ですが、毎年のようにハイブリッドカーでの整備中や、事故救助の際の感電事故が後を絶ちません。その動力が、新しい技術であるように、整備の技術にも新しい技術が必要とされているのです。ハイブリッドカーの電力はこれまでに使用されている通常のガソリン車とは桁違いです。具体的に言えば、通常車に搭載の12Vのバッテリーに加え、最大600ボルトで電気モーターを回すハイブリッド専用のバッテリーが使われています。当然、流れる電流の量も多く、整備の際には感電防止のために、各ディーラーからは手順などが指示されています。エンジン構造などもいままでの知識では及ばない箇所が多く、ハイブリッドにはハイブリッドの技術が必要であり、専門の技術修得者の教育のための研修も実施されています。しかし、実質は講習の質にもばらつきがあり、末端の整備工場にまでは浸透していません。ハイブリッドカーの整備は、低圧電気取扱の研修の修了など、資格が必要であり、認証工場や指定工場もできつつある中、無資格で整備を行いその結果、事故に結びつく例が多いのです。ディーラーや大手保険会社での努力だけでは、限界があるという声もあり、なんらかの形での行政の介入や後押しを求める傾向も高まりつつあります。また、ユーザー側も専門技術が必要とは思っていない人が多く、認定されていない工場にも気軽に持ち込まれいるのが実情です。車を創る側、売る側、そして使う側、とあらゆる側面に対しての啓蒙が性急な課題であることは、感電事故件数が明瞭に指し示していると思われます。低燃費や低排出ガスのエコロジーの代償が、人の命であってはならないと思います。せっかく生み出された未来の技術革新が、人類に影を落とすことのないよう、広い視野での対策が求められているのです。

ハイブリッドカーは本当にお得?

ハイブリッドカーは本当にお得?
ハイブリッドカーは本当にお得なのでしょうか?ハイブリッドカーのオーナーに、お尋ねしました。[続きを見る]

ハイブリッドカーの選び方

ハイブリッドカーの選び方
ハイブリッドカーは以前と比べると車種も増え、選択肢が広がっています。ユーザーとしては好きな車種が選べるのはメリットである半面、「どうやって選べばいいのか分からない」という声も聞かれます。[続きを見る]

ハイブリッドカーの安全性

ハイブリッドカーの安全性
ハイブリッドカーは一般の車に比べると機構が複雑なので、安全性や信頼性が劣るという声を聞きます。ただ、自動車の安全性を語る上では必ずしもそのような一方的な見方が正しいとは言えません。[続きを見る]

ハイブリッドカーの維持費

ハイブリッドカーの維持費
ハイブリッドカーオーナになった場合、その維持費はどのぐらいかかるのでしょうか?ここではハイブリッドカーと一般の車を比べて考えてみます。[続きを見る]

ハイブリッドカーと補助金

ハイブリッドカーと補助金
日本でのハイブリッドカー普及の背景には、エコカー補助金の利用がありました。補助金の還付が終了したこれから、エコカー、ハイブリッドカーはどのようになっていくのでしょうか?[続きを見る]

ハイブリッドカーと車両保険

ハイブリッドカーは、環境負荷が低いということで、需要が上がっています。そこで多くの自動車保険会社は、増え続けているハイブリッドカーユーザーを取り込むため、割引制度を実施しています。[続きを見る]

ハイブリッドカーの車検は?

ハイブリッドカーの車検は、一般の自動車と比べてどのように異なるでしょうか?公道を走る車であれば、避けて通ることのない車検。ハイブリッドカーのオーナが車検にどのように備えるべきでしょうか?[続きを見る]

車買取・中古車買取・中古車一括査定なら車選び.com
×閉じる