ハイブリッドカーの仕組み

ハイブリッドカーの仕組み

ハイブリッドカーは日本語では「複合動力車」といい、二つ以上の動力を持ったものを指します。トヨタのプリウスであれば、モーターとガソリンエンジンをエネルギー効率が最大になるようなプログラムで制御することで自動車としての性能を高めながらも低燃費を実現しています。

このような自動車は一般に「ハイブリッド電気自動車」と呼ばれています。エンジン以外の動力にモーターを採用することで、エネルギーを制御しやすい電気として蓄積・利用ができるため、エンジンだけの自動車では不可能な省エネの仕組みが利用できるようになります。

例えば、車の「走り出し」をエンジン動力で行うとトルクが生かしきれないためエネルギーロスが生まれます。そのためまずモーター動力を使って車を加速し、程良い速度になった時点でガソリンエンジンに切り替えるという方法で走り出しのエネルギーロスを少なくしています。

その他にも、有名な技術で「回生ブレーキ」というものがあります。ガソリンなどの燃料はエンジンで熱エネルギーに変換され、その熱エネルギーが起こす空気の膨張を利用しシャフトを回転させる(つまり運動エネルギーに変換する)ことで自動車を駆動します。

自転車などと同様に自動車のブレーキは駆動しているプレートをブレーキパッドで挟み込むことで運動エネルギーを熱エネルギーに変換して静止します。ここで発生された熱エネルギーは空気中に拡散してしまうため、もう取り返すことができません。

回生ブレーキは走行用に利用しているモーターを発電機として利用します。車が動いている勢い(つまり運動エネルギー)を発電機につなげて、もう一度電気エネルギーに変換しそれを蓄電することで再利用可能にするものです。

ハイブリッドカーはここで紹介したもの以外にも様々な先端技術を使って実現されています。各メーカが新しい技術の開発に毎日鎬を削っていますので、これからも驚くような画期的な仕組みが登場することになることでしょう。

ハイブリッドカーの魅力

ハイブリッドカーの魅力
ハイブリッドカーには「地球と家計に優しい」ということ以外にも様々な魅力があります。例えば、最先端の技術を使っている車であり、そのデザインも洗練されています。またロハスに代表されるように、オーナーのライフスタイルを表現する製品としての魅力も考えられます。ここではハイブリッドカーの技術・性能・デザインなどを検証し、ハイブリッドカーの魅力を再確認します。[続きを見る]

ハイブリッドカー燃費向上の技術

ハイブリッドカー燃費向上の技術
ハイブリッドカーは動力を二つ詰んでいるため、重量が重くなる傾向があります。それでも一般の自動車よりも燃費性能は大変優れています。この燃費性能を高めるために、ハイブリッドカーには様々な新しい技術が使われています。ここではハイブリッドカーの燃費向上のための技術についてご紹介します。[続きを見る]

ハイブリッドカー普及台数の変遷

ハイブリッドカー普及台数の変遷
地球温暖化に寄与する温室効果ガスの排出量を削減する、ということで注目を浴びている「ハイブリッドカー」。日本で初登場したのは1997年のことです。それから早15年。現在、ハイブリッドカーはどれだけ日常生活に普及してきているのでしょうか。[続きを見る]

ハイブリッドカーのメリット

ハイブリッドカーのメリット
ハイブリッドカーのメリットは「地球にも財布にも優しい」ところと良く表現されます。ここでは環境性能や低燃費というハイブリッドカーのメリットについて掘り下げて考えてみます。[続きを見る]

ハイブリッドカーのデメリット

ハイブリッドカーのデメリット
沢山のメリットのあるハイブリッドカーですが、先端の技術を使っているため車両価格が高い、まだモデル数が少なくデザインのバリエーションが少ないため選択肢が無いなどのデメリットもあるようです。[続きを見る]

世界のハイブリッドカー事情

世界のハイブリッドカー事情
現在、環境にやさしい次世代型車両として、ハイブリッドカーが世界各国で注目されています。しかし、各国の抱える課題や現状は多種多様です。世界のハイブリッドカー事情について見てみましょう。[続きを見る]

各メーカーのハイブリッドへの取り組み

各メーカーのハイブリッドへの取り組み
ハイブリッドカーを販売しているメーカーは日本だけでなく、もちろん海外にもたくさんあります。各社、かなり積極的に取り組んでおり、環境対策への姿勢を伺うことができます。ここでは世界の各メーカーの取り組みをご紹介します。[続きを見る]

車選び.comの一括査定
×閉じる