ハイブリッド商業車の紹介

最近、環境にもお財布にも優しいと評判の「ハイブリッドカー」。一般家庭でも広く普及しつつありますが、このハイブリッドカーが商業車としても広く普及しつつあります。それでは、具体的にどのようなハイブリッド商業車があるか、見ていきたいと思います。
・ハイブリッドトラック
例えばリサイクル事業車、物流車、配送車などが寡動しています。トラックというと、夜中に真っ黒な排気ガスを吐き出して走っている…というイメージが多いですが、ハイブリッドトラックを導入している企業さんは、このようなイメージを一新し、業界そのもののイメージを明るくクリーンなものにしたいという狙いもあるそうです。また、企業さんにとって切実なのが、ガソリン代。従来のトラックではオイルショックが起こった際や災害時の燃料補給に大変苦労しますが、ハイブリッドトラックを導入することで経営の安定化も図ることができるようです。また、ドライバーさんも、エコランプが点灯し、環境に優しい走りをしていることへの喜びが、仕事へのモチベーションにつながるとのことです。
・ハイブリッド路線バス
どんな交通状況でも街中を走る路線バスは、基本的には中低速走行を行いますし、突然の発進・停車を行うことが多いです。このような路線バスにおいて、普通のガソリン車では燃費がかさみ、バス会社さんの出費も多大なものとなってしまいます。ハイブリッド路線バスを導入することで、車両の大きさや出しているスピードに関係なく、地球にも燃費にも優しく、より静かで安全な走行を行うことができます。また、最近ではハイブリッドだけでなくノンステップ式のハイブリッド路線バスも積極的に取り入れられています。ノンステップで誰でも乗り降りがしやすく、車内移動も容易な構造です。このようにして、ハイブリッドとバリアフリーは組み合わさることで、環境だけでなく人にも優しい構造のハイブリッド路線バスとなっています。
他にも、人を輸送するバンなどにもハイブリッドカーが取り入れられています。例えば福祉施設で利用される特別仕様のバンタイプのハイブリッドカーは、環境にも燃費にも、もちろん利用者にも優しく、毎日街を走っています。

ハイブリッドカーのこれから

10年も前と比べると随分普及してきたハイブリッドカーですが、まだ一般の自動車の台数を超えるまでには普及していません。環境性能の高いハイブリッドカーがこれから超えていくべき課題にはどのようなものがあるでしょうか。[続きを見る]

ハイブリッドカーの多様化

ハイブリッドカーの購入を検討している方が不満に思うことに車種の選択肢が少ないことがあるようです。しかしハイブリッドカーの技術は世界的に重要性が高まっており、今後の多様化が期待されています。[続きを見る]

プラグインハイブリッドとは?

ハイブリッドカーの中でも特に、プラグインハイブリッド(PHV)と呼ばれるものがあります。プラグインハイブリッドとは、直接コンセントから充電できるタイプのハイブリッドカーのことを指します。ここではプラグインハイブリッドの特徴をご紹介します。[続きを見る]

マイルドハイブリッドとは?

マイルドハイブリッドはエンジンを主要動力源として使用し、停止時や発進時などエンジン駆動時に比較的小型の電池とモータでアシストします。[続きを見る]

シリーズハイブリッドとは?

シリーズ式は、2つの原動機を搭載しているけれど、走るために使われるのはモーターのみです。エンジンは発電だけに使われます。そのため、走行感覚は非常に電気自動車に似ているといいます。[続きを見る]

車買取・中古車買取・中古車一括査定なら車選び.com
×閉じる