マイルドハイブリッドとは?

エンジンと、電気モーターを併用することで、二酸化炭素の排出を抑え、さらに燃費を向上させる画期的なシステム、ハイブリッド。設計のコンセプトや使用方で同じハイブリット車とはいえどもタイプ分けすることができます。
やっていることは、専用電池とモータを使用しての制動時のエネルギー回生と始動・加速時のアシストと、同様ですが、それらはストロング方式とマイルド方式に分けられます。
比較的大きな電池とモーターで、エンジンを停止した状態でも蓄積した電気で走行できるタイプはストロング型といわれます。ストロングハイブリッドは走行の条件によって、エンジンと電動モーターを使い分けて、効率のよい出力配分で走行するシステムです。エンジンと電動モーターはどちらも重要な動力源です。2つの複雑な仕組みを組み合わせることで大幅な燃費向上が期待できます。
一方のマイルドハイブリッドはエンジンを主要動力源として使用し、停止時や発進時などエンジン駆動時に比較的小型の電池とモータでアシストします。1つの小型モーターと電池によるシンプルな仕組みで、燃費改善も期待することができます。走行では、まず始動はモーターで走り出し、加速時などにもモーターがエンジンをアシストしてくれ、減速時には回生し、バッテリーへの充電も行なっています。
ストロング方式とマイルド方式の決定的な違いは、ストロング型は比較的大きな電池とモーターを搭載しているのでエンジンを停止した状態でもしばらくは電気自動車モードで走行できますが、マイルド型は小型の電池とモータを使っているのでエンジン駆動時のサポートを前提としたシステムで、電気自動車モードでの走行はできないという点です。
一般的に利便や性能で評価が高いのは、ストロング方式のようです。しかしマイルド方式はシステムがシンプルで、自動車メーカーとしては開発が割安ででき、また材料も集めやすいという利点があります。こういった経緯でマイルド方式で勝負する社も少なくないようです。市場はマイルド方式の猛追が見られるようで、各社の販売戦略や価格設定などに努力が重ねられている結果といえるでしょう

ハイブリッドカーのこれから

10年も前と比べると随分普及してきたハイブリッドカーですが、まだ一般の自動車の台数を超えるまでには普及していません。環境性能の高いハイブリッドカーがこれから超えていくべき課題にはどのようなものがあるでしょうか。[続きを見る]

ハイブリッドカーの多様化

ハイブリッドカーの購入を検討している方が不満に思うことに車種の選択肢が少ないことがあるようです。しかしハイブリッドカーの技術は世界的に重要性が高まっており、今後の多様化が期待されています。[続きを見る]

ハイブリッド商業車の紹介

環境にもお財布にも優しいと評判の「ハイブリッドカー」。一般家庭でも広く普及しつつありますが、このハイブリッドカーが商業車としても活躍しています。[続きを見る]

プラグインハイブリッドとは?

ハイブリッドカーの中でも特に、プラグインハイブリッド(PHV)と呼ばれるものがあります。プラグインハイブリッドとは、直接コンセントから充電できるタイプのハイブリッドカーのことを指します。ここではプラグインハイブリッドの特徴をご紹介します。[続きを見る]

シリーズハイブリッドとは?

シリーズ式は、2つの原動機を搭載しているけれど、走るために使われるのはモーターのみです。エンジンは発電だけに使われます。そのため、走行感覚は非常に電気自動車に似ているといいます。[続きを見る]

車選び.comの一括査定
×閉じる