シリーズハイブリッドとは?

シリーズハイブリッドと聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。「次世代の車」まさにその言葉がぴったりしますが、実態は、簡潔に言うと「自家発電できる電気自動車」です。
シリーズ式は、2つの原動機を搭載しているけれど、走るために使われるのはモーターのみです。エンジンは発電だけに使われます。そのため、走行感覚は非常に電気自動車に似ているといいます。異なるのは発電のためにエンジンが回るため、エンジン音も聞こえるということですが、走るために使われるわけではないので、普通の車のようにアクセルを踏めばエンジン音がうなりを増すわけではありません。始終一定のスロットルでエンジンが回っている状態と言えばいいでしょう。エンジンの役割としては発電できればいいため、小さめで事足り、となればもちろん排気量も小さく、消費する燃料も少なく、燃費向上に有利なシステムであると言えます。
利点としては、モーターでも走ることのできる機能を持ってのエンジンの搭載によって、エンジンの性能がそのまま生きることです。モーターだけでは心もとない高速走行で輝きを放ちます。しかし同時に、システムの複雑性が高度な技術を要することで、割高になるという側面もあります。そこで、基盤が電気自動車にあるシリーズハイブリッド式は、シンプルな機構となり価格を抑えての販売が可能になるのではないかと期待されています。その上で、エンジンを搭載したシリーズハイブリッド式では電気自動車の弱点である電池容量による航続距離の少なさや、車体の重量が重くなりすぎるといった問題点を解消できるのです。
発電しながらの実際の走行感はというと、実際の車とほとんど変わらないという。むしろ、エンジンの音は通常の車より静かなので、静粛な走行が期待できる。
さまざまな見地から、シリーズハイブリッドは未来を担う素晴らしいシステムだと言えると思います。それにかかわらず、販売率、普及率はシステムの素晴らしさには比例するものではないと思われます。それでも近い将来、独特の走行音が街中に聞かれる日がやってくるでしょう。

ハイブリッドカーのこれから

10年も前と比べると随分普及してきたハイブリッドカーですが、まだ一般の自動車の台数を超えるまでには普及していません。環境性能の高いハイブリッドカーがこれから超えていくべき課題にはどのようなものがあるでしょうか。[続きを見る]

ハイブリッドカーの多様化

ハイブリッドカーの購入を検討している方が不満に思うことに車種の選択肢が少ないことがあるようです。しかしハイブリッドカーの技術は世界的に重要性が高まっており、今後の多様化が期待されています。[続きを見る]

ハイブリッド商業車の紹介

環境にもお財布にも優しいと評判の「ハイブリッドカー」。一般家庭でも広く普及しつつありますが、このハイブリッドカーが商業車としても活躍しています。[続きを見る]

プラグインハイブリッドとは?

ハイブリッドカーの中でも特に、プラグインハイブリッド(PHV)と呼ばれるものがあります。プラグインハイブリッドとは、直接コンセントから充電できるタイプのハイブリッドカーのことを指します。ここではプラグインハイブリッドの特徴をご紹介します。[続きを見る]

マイルドハイブリッドとは?

マイルドハイブリッドはエンジンを主要動力源として使用し、停止時や発進時などエンジン駆動時に比較的小型の電池とモータでアシストします。[続きを見る]

車選び.comの一括査定
×閉じる