ハイブリッドカーのメリット

ハイブリッドカーのメリット

ハイブリッドカーとは、「動力源が2つ以上ある自動車」のことです。一般的には、ガソリンと電気を動力源とした電気自動車のことを指します。
多くの利用者が感じているハイブリッドカーの魅力は、環境への負荷が低いことでしょう。ガソリンを使わず、電気だけで走っている間は、有害物質を含んだ排気ガスが出ません。排気ガスは地球温暖化の最大の原因の一つなので、エコな暮らしを送りたいという人にとっては、非常に満足度が高い車となるでしょう。
そうはいっても、「環境にやさしい」だけでなく、「自分にもやさしい」車でなければ、なかなか買う気にはなれないものです。そこで、もう一つメリットとして挙げられるのが、コストの安さです。ハイブリッド車の場合、ガソリンを使う機会自体が減るので、エンジンのみの場合と比べて燃費(1リットルあたり走行距離)がおよそ2倍になります。これに加えて、ハイブリッド車は資源エネルギー庁が行っている「グリーン投資減税」の対象となるため、さらなるコストダウンが期待できます。
しかし、注意しなければならないのは、ハイブリッドカーは車両価格が割高だということです。ガソリンエンジン車との差額は、車種によっては100万円以上になることもあります。技術革新が進めば価格は下がるかもしれませんが、ガソリンエンジン車と同等になることはないでしょう。
これがどう影響するかというと、「走行距離が長い人ほど、ハイブリッドカーの価格におけるメリットを得られる」ということです。燃費の安さと減税によるコストダウン幅は、走れば走るほど大きくなります。その幅が車両価格の割高分を超えなければ、結果的に損をしてしまいます。車種によって異なりますが、年間走行距離が2万キロ以上の方の場合は、ハイブリッドカーに乗り換えることで、得したことを実感できるでしょう。逆にあまり車に乗らない人は、いっそ車をやめ、自転車や公共交通機関を使った方が、エコに貢献できると思います。

ハイブリッドカーの魅力

ハイブリッドカーの魅力
ハイブリッドカーには「地球と家計に優しい」ということ以外にも様々な魅力があります。例えば、最先端の技術を使っている車であり、そのデザインも洗練されています。またロハスに代表されるように、オーナーのライフスタイルを表現する製品としての魅力も考えられます。ここではハイブリッドカーの技術・性能・デザインなどを検証し、ハイブリッドカーの魅力を再確認します。[続きを見る]

ハイブリッドカーの仕組み

ハイブリッドカーの仕組み
ハイブリッドカーは日本語では「複合動力車」といい、二つ以上の動力を持ったものを指します。トヨタのプリウスであれば、モーターとガソリンエンジンをエネルギー効率が最大になるようなプログラムで制御することで自動車としての性能を高めながらも低燃費を実現しています。ここではハイブリッドカーの仕組みについて詳しく見てみましょう。[続きを見る]

ハイブリッドカー燃費向上の技術

ハイブリッドカー燃費向上の技術
ハイブリッドカーは動力を二つ詰んでいるため、重量が重くなる傾向があります。それでも一般の自動車よりも燃費性能は大変優れています。この燃費性能を高めるために、ハイブリッドカーには様々な新しい技術が使われています。ここではハイブリッドカーの燃費向上のための技術についてご紹介します。[続きを見る]

ハイブリッドカー普及台数の変遷

ハイブリッドカー普及台数の変遷
地球温暖化に寄与する温室効果ガスの排出量を削減する、ということで注目を浴びている「ハイブリッドカー」。日本で初登場したのは1997年のことです。それから早15年。現在、ハイブリッドカーはどれだけ日常生活に普及してきているのでしょうか。[続きを見る]

ハイブリッドカーのデメリット

ハイブリッドカーのデメリット
沢山のメリットのあるハイブリッドカーですが、先端の技術を使っているため車両価格が高い、まだモデル数が少なくデザインのバリエーションが少ないため選択肢が無いなどのデメリットもあるようです。[続きを見る]

世界のハイブリッドカー事情

世界のハイブリッドカー事情
現在、環境にやさしい次世代型車両として、ハイブリッドカーが世界各国で注目されています。しかし、各国の抱える課題や現状は多種多様です。世界のハイブリッドカー事情について見てみましょう。[続きを見る]

各メーカーのハイブリッドへの取り組み

各メーカーのハイブリッドへの取り組み
ハイブリッドカーを販売しているメーカーは日本だけでなく、もちろん海外にもたくさんあります。各社、かなり積極的に取り組んでおり、環境対策への姿勢を伺うことができます。ここでは世界の各メーカーの取り組みをご紹介します。[続きを見る]

車選び.comの一括査定
×閉じる