ハイブリッドカーは本当にお得?

ハイブリッドカーは本当にお得?

フィットハイブリッドを購入したのが2年前。燃費30km/Lという省エネ、低燃費を期待していましたが、自分の経験からするとやはり「まだ発展途上」にあるのがハイブリッドカーです。実際は燃費15〜18L/kmくらいで、もちろん25km/Lで走るときもありますが平均をとってコストを計算すると一般車とハイブリッド車の購入価格差に「お得」といえる差はあるのかどうか、甚だ疑問です。
ですが、そのような疑問はさておいても「ハイブリッド車に乗っている」という自己満足というものは確実にあります。私もフィットハイブリッドのハイブリッド限定色”ライム”に乗っているのも「ハイブリッド車に乗っている」という自己満足の結果にほかなりません。またフィットハイブリッドの場合は「遮音性」や「走行性能」「コンパクトさ」などハイブリッド機能だけがいいのではなく、その他の機能に良い部分もあり、そこに魅力を感じてハイブリッド車を選択するという決断もあります。各自動車メーカーも、主流となりつつあるハイブリッド車に対して最新技術を可能な限り投入していまして、ハイブリッド車の燃費だけに目を向けるのではなく、ビジネスの流れを読んでお得になる可能性が高い方の選択肢を選ぶという考えもあります。
最近では高性能な軽自動車も次々と登場してきました。軽自動車はもともと本体価格が安く燃費も良いということで、低コストを目的とする消費者に選ばれてきた自動車だと思いますが、おしゃれなもの、ハイブリッドカーと遜色のない燃費性能のものが登場し、”黄色いナンバー”や”軽自動車という負けた感”という感情を覆すほどの魅力を帯び、どんどんシェアを拡大していると言います。そのような状況では、お得かどうか、でハイブリッドカーを判断する時代は終わりつつあるような気もします。お得でいえば軽自動車になりつつあります。ハイブリッドカーは燃費30km/Lを超えるものが出てきて、今後も燃費性能は高まっていくでしょう。ですが、本体価格は軽自動車の方が安く、燃費も良い、ハイブリッドカーは燃費はいいが本体価格が高い、という状況が様々にある中で、そのような価値判断を中心にしていても意味のないことではないか、と消費者は気づき出します。安くて車が走ればいいという人は「中古車」がいいでしょう。安くて燃費が良くて新車がいいという人は「軽自動車」がいいでしょう。おしゃれな車がいいという人は「外車」や「高級車」がいいでしょう。お得な車がいい人は、、、ハイブリッドカーではありません。「中古車」「外車」「高級車」はそれぞれハイブリッドのものもあるし、一般車もあります。お得、にはそれぞれのお得があるのです。

ハイブリッドカーの選び方

ハイブリッドカーの選び方
ハイブリッドカーは以前と比べると車種も増え、選択肢が広がっています。ユーザーとしては好きな車種が選べるのはメリットである半面、「どうやって選べばいいのか分からない」という声も聞かれます。[続きを見る]

ハイブリッドカーの安全性

ハイブリッドカーの安全性
ハイブリッドカーは一般の車に比べると機構が複雑なので、安全性や信頼性が劣るという声を聞きます。ただ、自動車の安全性を語る上では必ずしもそのような一方的な見方が正しいとは言えません。[続きを見る]

ハイブリッドカーの維持費

ハイブリッドカーの維持費
ハイブリッドカーオーナになった場合、その維持費はどのぐらいかかるのでしょうか?ここではハイブリッドカーと一般の車を比べて考えてみます。[続きを見る]

ハイブリッドカーと補助金

ハイブリッドカーと補助金
日本でのハイブリッドカー普及の背景には、エコカー補助金の利用がありました。補助金の還付が終了したこれから、エコカー、ハイブリッドカーはどのようになっていくのでしょうか?[続きを見る]

ハイブリッドカーと車両保険

ハイブリッドカーは、環境負荷が低いということで、需要が上がっています。そこで多くの自動車保険会社は、増え続けているハイブリッドカーユーザーを取り込むため、割引制度を実施しています。[続きを見る]

ハイブリッドカーの整備

エンジンとモーターの両方を備えたハイブリッドカーの整備は、これまでの車とは異なるものになっています。その動力が、新しい技術であるように、整備の技術にも新しい技術が必要とされているのです。[続きを見る]

ハイブリッドカーの車検は?

ハイブリッドカーの車検は、一般の自動車と比べてどのように異なるでしょうか?公道を走る車であれば、避けて通ることのない車検。ハイブリッドカーのオーナが車検にどのように備えるべきでしょうか?[続きを見る]

車選び.comの一括査定
×閉じる