ダイハツDAIHATSU

ダイハツ

氏名、仕事、勤務先、趣味嗜好などからだけでは、その人のことをどれほど知りえることでしょうか。経歴とその背景情報が加わって初めて、その人の魅力を強くそして深く把握できます。
車に対しても同じことが言えます。ダイハツ工業のアルティス(ALTIS)はダイハツ工業が販売している車種の中でも最上級車でハイブリッド仕様です。と聞かされて、どれほどその情報を魅力的に受け入られることでしょうか?
最初に、ダイハツ工業とはトヨタ自動車が製造した車種をOEMブランドとして車を販売している会社です。したがってアルティスはトヨタ自動車の車種で言えばカムリに相当する車種です。2000年にトヨタ自動車はカムリの6代目を販売しました。その6代目のカムリをベースとなってアルティスとして初めて販売開始されました。それ以降、カムリがモデルチエンジするのに合わせてアルティスも2代目、3代目とモデルチエンジが行われました。そして2010年に販売が終了しました。その2年後の2012年5月にカムリのモデルチエンジに合わせて4代目のアルティスの販売が再開されました。この4代目はハイブリッド仕様車です。トヨタ自動車のハイブリッド車と言えばプリウスでしっかりと評価を得た実績があります。そのトヨタ自動車が生産したハイブリッド仕様のアルティスはハイブリッド車としての機能、品質、信頼性などの点において疑う余地はありません。また、ダイハツ工業にとってアルティスは最上級乗用車であり、ダイハツ工業唯一のハイブリッド仕様車であります。
ここで、ハイブリッドの仕様について二、三触れてみます。仕様を見て、ハイブリッド車であることが即座にわかる項目はモーター記載があることです。駆動方式として、エンジン(内燃機関)とモーターの二つの方式を有しています。それでは最高出力時の二つの性能の違いはエンジンの方が約20馬力程度上回っています。このことは高速走行時においてエンジンで走行するように設計されているということでしょう。それでは走行開始の場合はどうでしょうか?これは二つの方式のトルクを比較することではっきりします。最大トルクはモーターの方が約20%上回っています。このことは走行開始時にモーター駆動で走行開始する方がベターに設計されているといえます。さらに、スタート時はモーターのみでの走行開始であれば音が静かで、窒素酸化物など環境汚染原因物質の発生を極限まで抑えられているといえます。この二つの方式を述べるだけでハイブリット車はいかに燃料効率が良く、騒音、排出物質などの点において環境に配慮したエコな車種であるかと言えます。これで、事細かに言葉を尽くしてダイハツ工業のハイブリッド車の優れている点を述べるまでもなくても、アルティスの魅力を十分お分かりいただけたことでしょう。

ダイハツのハイブリッドカー ラインナップ

アルティスハイブリッド ハイゼットカーゴハイブリッド メビウス アルティス  
アルティスハイブリッド ハイゼットカーゴハイブリッド メビウス アルティス  

車選び.comの一括査定
×閉じる