日産NISSAN

日産

日産自動車は、他社のハイブリッドカー開発に比べて若干の遅れをとっていました。しかし2002年にトヨタとのハイブリッドの技術供提携を結んだことをきっかけに、ハイブリッドカーを製造・販売し、独自のハイブリッドシステムも開発しています。現在では「フーガ・ハイブリッド」や「セレナ」等を販売しています。日産自動車の作るハイブリッドカーは、電流を大量に流すことによって短い時間に充電ができるリチウムイオンのバッテリーを使用していて、より強い力を発揮します。これによって大きい形でもコンパクトカー並の低燃費化を実現しています。このリチウムイオンバッテリーに、モーターとエンジンとトランスミッションを2つのクラッチによって接続することでパラレルハイブリッドシステムというシステム構造を生み出しています。このパラレルハイブリッドシステムでは、2つのクラッチによってエネルギーを無駄なく伝えて無駄なエネルギー消費を抑えることと、エンジンを切り離すことによって完全にエンジンの回転を止めることで、更に無駄なくエネルギーを充電・放電できるようになっています。つい最近ではミニバンにふさわしいハイブリッドシステムであるスマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を開発しました。(2012年8月に発売された「セレナ」に搭載)これによって、ハイブリッドシステムの搭載によって室内のスペースが取られてしまっていた点を改善し、乗車スペースを保ったままの、快適な車へと進化しました。先ほど述べた「フーガ・ハイブリッド」は、ハイブリッドだけを売り文句にせず、見た目の美しさや使用感の追求をしていて、とても品があり高級感が漂うハイブリッドカーになっています。この車で初めて搭載された機能が、液晶オド・ツイントリップメーター(EVモード走行距離表示機能付)で、モーターによって走った分の走行距離を表示できる機能がついています。日産のハイブリッドカーも最近はこのように他社に劣らない車を販売しています。

日産のハイブリッドカー ラインナップ

リーフ ノート e-NV200 セレナ フーガハイブリッド
リーフ ノート e-NV200 セレナ フーガハイブリッド
シーマハイブリッド エクストレイル スカイライン ハイパーミニ e-NV200バン
シーマハイブリッド エクストレイル スカイライン ハイパーミニ e-NV200バン
ティーノ シーマ      
ティーノ シーマ      

車選び.comの一括査定
×閉じる