マツダMAZDA

マツダ

マツダではまだハイブリッドカーを発売していません。つまり他社よりもハイブリッド開発に遅れをとっている訳なのですが、開発は行われています。今まさに他社に劣らないハイブリッドカーの開発に現在取り組んでいる最中なんです。マツダは2010年の3月29日にトヨタ自動車とマツダで、マツダへのハイブリッド技術(プリウス)のライセンス供与について合意し、これによって今まで開発・販売していなかったハイブリッド車を2013年に発売すると宣言しています。マツダの車の開発計画では、昔から開発が進められている自社の独自の直噴ガソリンエンジンである次世代の「SKY(スカイ)エンジン」と、このハイブリッドシステムを組み合わせることで、マツダ独自の日本でのハイブリッドカー(HV)の販売を行っていこうという考えがあるようです。現在マツダが開発中のハイブリッド車は、前に述べたようにハイブリッド車の王道会社であるトヨタの作った車「プリウス」の技術を元に開発しているため、独自で開発しているエンジン以外はプリウスのハイブリッドと同様の2基の電気モーター・電気式CVT・電力制御回路・ニッケル水素バッテリーをそのまま使用して開発すると予想されています。そもそも、マツダがハイブリッドカーの開発を始めた理由がなんであるかというと、技術開発のための今後の予定を明確にした「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に基づいています。この宣言に伴って、「環境に良く安全な技術を開発・利用していくこと」を目標に掲げていて、その具体的な目標の一つである、「マツダ車の平均燃費を、2015年までに08年から30%向上させる」というものの一貫で今回のハイブリッド車の取り組みが行われたのです。この宣言は、ほぼ宣言通りに行われており、2012年には電気自動車のリース販売も行われたため、2013年のハイブリッド車販売もかなり信ぴょう性があり実現可能となっているのではと期待が高まっています。開発されて販売されたらきっと他社に負けないハイブリッドカーになるのではないでしょうか。

マツダのハイブリッドカー ラインナップ

アクセラハイブリッド        
アクセラハイブリッド        

車選び.comの一括査定
×閉じる